甘長とうがらし 焼き浸し

<材料>  ※2〜3人分

• 甘長とうがらし (太め) 6本

【A】
・水 3/4カップ (150ml)
・和風顆粒だし 小さじ1/3 (1g)
・百SAUCE  大さじ2
・濃口醤油 大さじ1

• かつお節 適量
• 糸切りとうがらし 適量

<作り方>

1.下準備
・甘長とうがらしはヘタを取り、一箇所タテに切り込みを入れる。
・ボウルに【A】を入れ混ぜ合わせる。

2.焼く
甘長とうがらしを魚焼きグリル又はフライパンを十分熱してから、両面焼き目がつくように焼く。

3.和える
焼けたら、熱いうちに【A】のボウルへ浸す。
かつお節と一緒に和え器へ盛り、糸切りとうがらしを飾る。


【調理時のポイント】
油を引かずに香ばしく焼きあげます。甘長とうがらしの代わりに、ししとう・万願寺とうがらし・ピーマンでもお作りいただけます。


関連オススメレシピ

牛肉の時雨煮

<材料>  ※2〜3人分

• 牛こま切れ 150g
• しょうが 2片(20g)

【A】
・水 50ml
・百SAUCE 50ml
・濃口醤油 小さじ1

<作り方>

1.下準備
しょうがは皮をむき、千切りにする。

2.たれで煮る
鍋に【A】を入れ熱し、沸いたら牛肉を加え箸でほぐし、底やふちが焦げないよう混ぜながら汁気がほぼ無くなるまで煮る。


【調理時のポイント】
火が強いと焦げやすいので、火加減に注意する。
保存容器に入れ、4日〜1週間ほど日持ちします。お弁当にもぜひ。


関連オススメレシピ

もやしとほうれん草のナムル

<材料>  ※2〜3人分

• もやし 1パック

【A】
・百SAUCE 大さじ2
・酢 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・いりごま(白) 適量
・塩 ひとつまみ

《ほうれん草のナムル》
ほうれん草 1パック

【B】
・百SAUCE  大さじ2
・にんにく(すりおろし) 小さじ1/4〜1/2(お好み)   
・ごま油 小さじ1
・いりごま(白) 適量

<作り方>

1.下準備
・それぞれボウルに調味料を入れ混ぜ合わせる。‥【A】と【B】
・ほうれん草はよく洗う。

2.野菜をゆでる
⦅もやし⦆お湯を沸かした鍋に、もやしを入れ20秒ゆで、すぐに流水で熱を取り 氷水へ落とし急冷する。
⦅ほうれん草⦆お湯を沸かした鍋に、まず根元を3秒湯につけ 火を切り、全部が浸かるように入れ5〜10秒待ち、素早くザルにあげ流水で熱を取り 氷水で急冷する。

3.和える
⦅もやし⦆手で絞るようによく水気を切る。調味料が入った1のボウルへ入れ和えるように混ぜ、塩は味見をしながら調節する。
⦅ほうれん草⦆ほうれん草は根元を切り5cm幅に切り、キッチンペーパーで包み 手で絞るようによく水気を切る。
調味料が入った1のボウルへ入れ、和える。


【調理時のポイント】
さっと短時間でゆでることで、シャキシャキした食感の美味しい仕上がりになります。
味が薄まらないように、ゆでて冷やした後はきっちり水気を切るようにしましょう。ごまはたっぷり入れると美味しいです。
〈活用レシピ→ビビンバ丼〉


関連オススメレシピ

もちチーズ焼き

<材料>  ※2人分

• カットもち 1個
• 溶けるチーズ 15g
• 百SAUCE  小さじ1
• バター 適量 
• パセリ 適量

<作り方>

1.下準備
・もちは3〜5mmの薄切りにする。
・平らな耐熱皿に、バターを薄く全体にぬる。(もちが皿にくっつくのを防ぐため)

2.レンジで調理
①バターを塗った耐熱皿に切ったもちを並べ 上からチーズをかけ、ふんわりとラップをする。
②600wの電子レンジで約1分温める。
③百SAUCEを上からかけ、パセリを散らす。


【調理時のポイント】
お手軽レシピです。お酒のアテや小腹が空いた時にぴったり。
分量は目安ですので、お好みの量に調節してください。


関連オススメレシピ

肉(鶏)野菜炒め

<材料>  ※2人分

• 鶏もも肉(又は豚肉など) 150g
• 玉ねぎ 1/2個
• にんじん 1/4本
• キャベツ 1/4玉
• 小ねぎ(小口切り) 適量

【A】
• 百SAUCE 大さじ2
• 鶏がらスープの素(市販) 小さじ1
• 粉山椒(又はこしょう) 少々

• サラダ油 小さじ1

<作り方>

1.下準備
・鶏肉は筋や余分な脂を取り除き一口大に切る。
・玉ねぎは縦半分に切って芯を取り、5mm幅に切る。
・にんじんは薄い短冊切りに、キャベツはザク切りにする。
・調味料を混ぜ合わせる。‥【A】

2.肉を炒める
フライパンにサラダ油を入れ熱し、肉を入れ両面焼き色がつくまで焼く。
焼けたら、バットへ取り出す。

3.野菜を炒める
そのままのフライパンに玉ねぎ・にんじんを入れ炒め、しんなりしてきたらキャベツを加えさらに炒める。

4.味付けをする
取り出しておいた2の肉を戻し入れ、合わせておいた【A】を加えさっと炒め合わせる。
器へ盛り、小ねぎを添え完成。


【調理時のポイント】
肉も野菜も炒めすぎないように、別々に炒めて最後に合わせて仕上げます。
キャベツはシャキシャキの食感を残すと美味しいです。
お好みで山椒や黒こしょうをさらに振ったり、コチュジャンと一緒に食べてもよく合います。


関連オススメレシピ

ビビンバ丼

<材料>  ※2人分

• 牛ミンチ肉 200g
• ナムル(市販/又は百SAUCEを使ったレシピあり) 適量
• 卵黄(生) 2個分
• 白飯 2杯分

【A】
• 百SAUCE 大さじ3
• コチュジャン 小さじ2
• 豆板醤 小さじ1

• ごま油 小さじ1
• コチュジャン 適量
• いりごま(白) 適量

<作り方>

1.下準備
ボウルに【A】の調味料を入れ混ぜ合わす。

2.牛ミンチを炒める
フライパンにごま油を入れ熱し、牛ミンチを入れ弱中火で炒める。

3.味付け
牛ミンチが炒まったら【A】を加え、木べらでミンチを潰すようにしながら、中火で汁気を飛ばすように炒める。汁気が無くなれば火を止める。

4.盛り付け
丼にご飯を盛り、3の牛ミンチ・ナムルを乗せ、中央に卵黄を乗せる。
お好みでコチュジャンを添え、いりごまを散らし完成。


【調理時のポイント】
コチュジャンの代わりに、プルコギのレシピに掲載してる ヤンニョム味噌もよく合います。

韓国ヤンニョム味噌〈コチュジャンのみでも代用可〉
・百SAUCE 大さじ1
・粉唐辛子 小さじ1
・コチュジャン 小さじ2
・ごま油 少々
・にんにく(すりおろし) 少々
・はちみつ 小さじ1


関連オススメレシピ

れんこんの ピリ辛きんぴら

<材料>  ※3〜4人分

• れんこん 中1節
• 赤唐辛子(細切り) 1本分

【A】
• 百SAUCE 40m
• みりん 20ml

• ごま油 大さじ1

<作り方>

1.下準備
・れんこんは皮付きのままよく洗い、長さ4〜5cmの1cm角の棒状に切る。そして酢水(ボウルに水と少量の酢を入れる)につけ、アク抜きをする。
その後ザルにあげ水気を切る。
・百SAUCEとみりんを合わせる。‥【A】

2.炒める
鍋にごま油を熱し れんこんを入れ、全体に油が回るまで中弱火で炒める。

3.唐辛子・調味料加える
赤唐辛子と【A】を加え、汁気が無くなるまで炒める。


【調理時のポイント】
・れんこんの皮の歯触りが気になる方は、皮をむいて調理してください。
・れんこんは事前に酢水につけることで、変色を防ぎシャキシャキ食感に仕上がります。
・仕上がりの汁気は完全に飛ばさず、やや鍋底に残り れんこんとよく絡む状態がベストです。
・辛みが苦手な方は、赤唐辛子の量を調節してください。


関連オススメレシピ

そうめんつゆ

<材料>  ※2人分

• そうめん 3〜4束

【A】
• 干し椎茸 2個
• 干し椎茸 戻し汁 150ml
• 百SAUCE 50ml
• 濃口醤油 小さじ2と1/2

【薬味】
各 適量
• 小ねぎ(小口切り)
• しょうが(すりおろし) 
• みょうが(薄切り)
• 刻みのり

<作り方>

1.下準備
・干し椎茸はさっと水洗いし、1カップほどの冷水で戻す。
(肉厚のものは半日以上、薄いものは4時間以上が目安)
・薬味を用意する。

2.つゆを作る
【A】を小鍋に入れ火にかけ(1で戻した干し椎茸も加える)、沸いたら火を止め 冷ます。
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。(又は氷水を下にかませて急冷する)
※干し椎茸は薄切りに切り、薬味として後に使用。

3.そうめんをゆでる
そうめんを袋の記載通りゆで、冷水でしめ、水気を切る。

4.盛り付け
器に素麺を盛り、2のつゆをかけ、薬味をたっぷり乗せる。


【調理時のポイント】
干し椎茸がない場合は、代わりに和風顆粒だしなどを使用し代用してください。
干し椎茸は、ゆっくり冷水で戻すことで旨味がより引き出されます。薄切りの状態のものも市販されており、短時間で戻すことができるのでおすすめです。


関連オススメレシピ

からしドレッシング(豚肉のサラダ)

<材料>  ※2〜3人分

• 百SAUCEを使ったドレッシング〈レシピあり〉 適量
• からし 適量

• サラダ 適量
• 豚肉(薄切り) 適量
• 塩 適量
• 片栗粉 適量

<作り方>

1.ドレッシングをアレンジする
百SAUCEを使ったドレッシングにからしをお好みの量入れ、混ぜ合わせる。

2.豚肉を調理する
豚肉は塩を全体に振り下味をつけ、片栗粉を薄くまぶして1枚ずつ湯がき冷水で冷やす。
その後、水気を切っておく。

3.サラダへかける
お皿にサラダ菜を入れ、水茄子やアボカドなどお好みの野菜を添える。
上からドレッシングをかけ完成。


【調理時のポイント】
豚肉に片栗粉をまぶして湯がくと、つるんとした口当たりになります。お好みによっては粉をつけずに調理しても 美味しく召し上がっていただけます。
また、鶏肉や鴨肉にも良く合いますのでお試しください。

関連オススメレシピ

わさびドレッシング(刺身のサラダ)

<材料>

• 百SAUCEを使ったドレッシング〈レシピあり〉 適量
• わさび 適量

• サラダ 適量
• 刺身 適量

<作り方>

1.ドレッシングをアレンジする
百SAUCEを使ったドレッシングにわさびをお好みの量入れ、混ぜ合わせる。

2.サラダへかける
お皿にサラダ菜を入れ、刺身についている大根と刺身を乗せ、上からドレッシングをかける。
菊花の花びらをちぎって散らし、完成。


【調理時のポイント】
刺身はブリを使用しましたが、どんな魚でも良く合います。
刺身と一緒に入っている、けん(大根)や菊花も使用したアレンジレシピです。

関連オススメレシピ

ドレッシング(ベース)

<材料>

• 玉ねぎ 1/4個

【A】
• 百SAUCE 35ml
• 酢 10ml
• 濃口醤油 7ml
• サラダ油 30ml
• レモン汁 20ml

<作り方>

1.下準備
玉ねぎをすりおろす。

2.混ぜ合わす
ボウルに1の玉ねぎと【A】を入れ、よくかき混ぜる。


【調理時のポイント】
ボールの下に電子計量器を置き、順に材料を計り入れていくと簡単です。
置いておくと油と液体が分離するので、保存する場合は かける直前に再び混ぜるようにしてください。

関連オススメレシピ

とんかつソース

<材料>  ※2人分

【A】
• 百SAUCE 大さじ2
• ウスターソース 大さじ2
• ケチャップ 大さじ1/2

《とんかつ》
• 豚ロース肉(とんかつ用) 2枚
• 卵 1個
• 小麦粉 大さじ2
• パン粉 40g
• 塩・こしょう 少々
• サラダ油 大さじ1

キャベツ 適量

<作り方>

1.下準備
・ボウルに卵を割り入れ、箸でよく溶き混ぜる。
・つけ合わせのキャベツを千切りにする。

2.ソースを作る
①小鍋に【A】を入れ火にかけ、沸いたら弱火にし2分程煮詰める。
②火を止め、ケチャップを入れ混ぜ合わせる。

3.とんかつ衣づけ
①豚肉は筋(赤身と脂の境目)数カ所に包丁で切り目を入れ、フォークなどで全体を刺す。
②豚肉の両面に塩こしょうを振り 下味をつける。
③バットに小麦粉を入れてから豚肉を入れ、全体へ薄くまぶしつける。
④溶き卵に全体をくぐらす。
⑤パン粉が入ったバットへ④を入れ、軽く押すようにし全面にパン粉をしっかりとつける。
⑥そのまま少し寝かせ、なじませる。

4.揚げる
①フライパンに底から2cmほどのサラダ油を入れ、170℃に温める。(※下記参照)
②豚肉をそっと入れ、片面2〜3分揚げ焼きにし、きつね色に色づいたら裏返し同様に揚げ焼きにする。
③両面焼き揚げたら、しっかり油を切り 食べやすい大きさに切る。

5.盛り付け
器にとんかつとキャベツの千切りを乗せる。
とんかつソースとお好みで練り辛子をつけ食べる。


【調理時のポイント】
※油の温度の目安
〈パン粉を上から落とした際‥〉
 150〜160℃ 一度沈んだ後 ゆっくり浮かんでくる
◉170〜180℃ 沈みかけて すぐに浮かび細かく泡を立てて全体に広がる
 190〜200℃ 沈まずすぐに広がり 揚げ色がつく


関連オススメレシピ

お好み焼きソース

<材料>  ※2枚分

• お好み焼き 2枚

【A】
• 百SAUCE 大さじ2
• ウスターソース 大さじ2

【B】
• ケチャップ 大さじ1と小さじ1

<作り方>

1.煮詰める
小鍋に【A】を入れ火にかけ、沸いたら弱火にし 2分ほど煮詰める。

2.混ぜる
【B】を加え、混ぜ合わせる。


【調理時のポイント】
焦げないように、ゴムべらで底から混ぜながら熱すること。

関連オススメレシピ

肉巻きおにぎり

<材料>  ※2個分

• 豚バラ 薄切り肉 2~4枚
• ご飯 おにぎり2個分
• 小ねぎ(小口切り) 適量

• 百SAUCE 約40ml
• サラダ油 小さじ1

<作り方>

1.おにぎりに肉を巻く
俵形におにぎりを作り、豚肉を巻きつける。

2.焼く
フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、1を転がしながら焼き目がつくように全面を焼く。
〈トングを使うと転がりにくくおすすめです。〉

3.味付け
百SAUCEを加え絡めるように炒め、皿に盛り小ねぎを添えて完成。


【調理時のポイント】
肉の巻き終わりを下にし焼きはじめると、肉がほどけにくくなります。


関連オススメレシピ

なめろう

<材料>  ※3〜4人分

• アジ(青魚) 刺身用 100g
• 小ねぎ(小口切り)  小さじ2
• しょうが 1片

【A】
・味噌 大さじ1
・百SAUCE 大さじ1/2

• 炒りごま 適量
• 青じそ 1〜2枚

<作り方>

1.下準備
・しょうがはみじん切りにする。
・アジは皮をはぎ、骨があれば取り除く。
・味噌と百SAUCEは混ぜ合わせておく。‥【A】

2.アジをたたく
アジを粗みじんにきざんだら、包丁でたたいてより細かくする。

3.味付け
【A】と小ねぎ・しょうがのみじん切りを上から加え、更に包丁でたたきながら混ぜ合わせる。

4.盛り付け
器に青じそを敷き、3を盛り 小ねぎ(分量外)と炒りごまを振りかけ完成。


【調理時のポイント】
しょうがを控えめにしたい場合は、すりおろしてから絞り汁のみを使用すると 上品に仕上がります。
ご飯に乗せたり、おつまみにも最適です。


関連オススメレシピ

チヂミのタレ

<材料> ※2人分

• チヂミ 1枚

【A】
• 白ねぎ 約5cm
• にんにく(すりおろし) 小さじ1/4
• 百SAUCE 大さじ3
• 酢 大さじ1
• 濃口醤油 小さじ1/2
• ごま油 小さじ1
• 豆板醤 小さじ1/2
• いりごま(白) 大さじ1/2

<作り方>

1.下準備
白ねぎは粗みじんに、にんにくはすりおろす(又はチューブ)。

2.たれを作る
ボウルに入れ、よく混ぜあわす。


【調理時のポイント】
にんにくと豆板醤の量は、お好みで調整してください。


関連オススメレシピ

あさりの酒蒸しバター

<材料> ※2〜3人分

• あさり(殻付き) 250g
• ミニトマト 6個
• 三つ葉 1/3束

【A】
• 百SAUCE 10ml
• だし汁 100ml

• 酒 50ml
• バター(無塩) 15g
〈砂抜き用〉・・・塩 15g、水500ml

<作り方>

1.下準備
・あさりは砂抜きをする。
 ①あさりを流水でこすり洗いし、殻の汚れを取る。
 ②ボウル またはバットに 水500mlに塩15gを溶かし、塩水をつくる。
 ③(ザルをかませ) あさりを塩水につけ、アルミホイルで覆い、上には数ヵ所穴を開ける。
 ④約20℃の水温が保てる場所で、約1時間放置する。(室温が高い時は冷蔵庫へ入れる)
・ミニトマトはへたを取り、横半分に切る。
・三つ葉は3〜4㎝幅に切る。

2.あさりを酒蒸しにする
フライパンにあさりと酒を入れ ふたをし、強中火で熱する。
1分ほどしたら、鍋を軽く揺らし刺激をする。口が開いたあさりから、順に取り出していく。

3.だしをこす
全てあさりを取り出したら クッキングペーパーでだしをこし、フライパンはサッと洗う。

4.調味料を加え仕上げる
こしたあさりのだしをフライパンへ戻し、【A】とミニトマトを加え加熱する
ミニトマトが少しくたっとなれば、バターを加え溶かし 火を止める。あさりを戻し入れ ソースと絡める。

5.盛り付け
皿に盛り、三つ葉を添えて完成。


【調理時のポイント】
あさりは火を通し過ぎると 身が固くなり旨味も流れてしまうので、口が開いたものからすぐ取り出していくことがポイント。
トングだと取りやすいです。


関連オススメレシピ

たこと春菊の唐辛子酢味噌和え

<材料> ※2〜3人分

• たこ(ゆでたもの) 100g
• 春菊 1/4袋

【A】
• 百SAUCE 大さじ1
• コチュジャン 大さじ2
• 酢 小さじ1/2
• レモン汁 小さじ1
• 塩 少々

<作り方>

1.下準備
・たこは食べやすい大きさに切る。
・春菊は食べやすい大きさに切り、耐熱容器に入れふんわりとラップをし、600wの電子レンジで2分加熱し、すぐに水でさらしキッチンペーパーで包み水気を切る。

2.唐辛子酢味噌を作る
ボウルに【A】の調味料を入れ、よく混ぜ合わす。

3.和える
別のボウルに1のたこと春菊を入れ、2の唐辛子酢味噌を2/3の量加え和える。
味をみて、お好みに応じてたれの量を足しながら調整し完成。


【調理時のポイント】
和えてから時間が経つと水分が出るため、食べる直前に和えるようにしましょう。
春菊は加熱後すぐに流水で冷ますことで、きれいな色に仕上がります。


関連オススメレシピ

鯖トーストサンド

<材料> ※2〜3人分

• サバ缶(水煮) 1缶
• 食パン(6枚切り) 6枚
• キャベツ 適量
• 赤玉ねぎ 1/2個
• たくあん 30g

【A】
• 百SAUCE 大さじ1
• マヨネーズ 大さじ2
• レモン汁 小さじ1/2

• バター 適量
• 黒こしょう 適量

<作り方>

1.下準備
・サバ缶はザルにあげ汁気を切る。
・キャベツは千切りにする。
・赤玉ねぎは薄切りにする。
・たくあんは1cm角に切り、水気を切る。

2.具材を作る
ボウルに【A】、サバ缶、たくあんを入れ混ぜ合わせる。

3.パンに挟む
パンの片面にバターを塗る。
バターを塗った面の上にキャベツ、2の具材、赤玉ねぎの順に乗せ、もう一枚のパン(バターの面を内側に)で挟む。

4.仕上げ
ラップで包み3分程休ませ、半分に切って食べる。


【調理時のポイント】
バターは事前に常温に戻しておくと塗りやすいです。簡単で栄養も満点のサンドイッチ!たくあんの食感がポイントとなって美味しいです。


関連オススメレシピ

肉味噌

<材料>

• 豚ミンチ 300g

【A】
• 百SAUCE 大さじ2
• 味噌(田舎) 100g
• 酒 大さじ2
• 砂糖 大さじ2

• サラダ油 適量

<作り方>

1.下準備
ボウルに【A】の材料を入れ、よく混ぜ合わせる。

2.炒める
フライパンに少量の油を入れキッチンペーパーで馴染ます。(テフロン加工だと不要)
中火でフライパンを熱し、豚ミンチを入れ木べらで切るように炒める。

3.味をつける
ミンチに完全に火が通ったら、【A】を加え、弱中火で2~3分炒める。
保存容器へ移し、油が浮いて気になる場合はキッチンペーパーで抑え吸い取る。


【調理時のポイント】
写真では、レンジで温めた豆腐に肉味噌をかけ青ねぎを乗せています。
他にもご飯や麺類・温野菜に乗せたり、また豆板醤・ラー油・ごま油などの調味料を混ぜたアレンジ、といったように様々な活用ができますので是非お試しください。


関連オススメレシピ

山芋ときゅうりの梅肉和え

<材料>  ※2〜3人分

• 山芋 100g
• きゅうり 1本

【A】
• 梅肉(又はしそ梅干しのたたき)  20g
• 百SAUCE 小さじ2
• みりん 小さじ1
• 砂糖 小さじ1
• 粉かつお節(又はかつお節) 小さじ1/4程度

• 炒りごま 適量

<作り方>

1.下準備
・山芋ときゅうりは食べやすい大きさに、乱切りにする。
・粉かつおが無く かつお節を使用する場合は、手でちぎり細かくする。

2.調味料をあわす
大きめのボウルに、【A】を入れ よく混ぜ合わせる。

3.仕上げ
2に山芋ときゅうりを加え、絡むように混ぜ合わせる。
器へ盛り、炒りごまを散らし完成。


【調理時のポイント】
梅干しを刻んで使用する場合は、塩分濃度10%のものを使用してください。仕上げには、刻みのりを飾ってもよく合います。

関連オススメレシピ

マグロとアボカドのユッケ

<材料>  ※2〜3人分

• マグロ切り身 100g
• アボカド 1/2個
• 卵黄 1個

【A:ユッケだれ】
• 百SAUCE 30ml
• 酢 小さじ1/2
• ごま油 小さじ1/2
• にんにく(すりおろし) 小さじ1/4

• 韓国のり 適量
• 炒りごま 適量

<作り方>

1.下準備
マグロとアボカドを1cm角程度に切る。

2.和える
ボウルに【A】の調味料を全て入れよく混ぜ、1のマグロとアボカドを入れ和える。

3.仕上げ
皿に盛りつけ、上に卵黄を乗せ ごまをかける。
韓国のりを添えるか、包んで食べるとより美味しい。


【調理時のポイント】
和えてから時間が経つとマグロが変色してしまう為、食べる直前に和えるようにしてください。
他にもサーモンなど違う魚を使ったり、ユッケ乗せサラダにしたりと”ユッケだれ”を様々なアレンジでご活用いただけます。

関連オススメレシピ

豚キムチ炒め

<材料>  ※2人分

• 豚肉こま切れ 200g
• 玉ねぎ 1/2個
• キムチ 100g
• 小ねぎ(小口切り) 適量
• 百SAUCE 50ml
• サラダ油 小さじ1
• ごま油 小さじ1

<作り方>

1.下準備
・玉ねぎは縦半分に切って芯を取り、5mm幅に切る。
・キムチが大きい場合は、一口大に切る。

2.炒める
フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚肉を入れてほぐしながら中火で炒める。
豚肉の色が変わってきたら、玉ねぎキムチを加え 玉ねぎがしんなりするまで炒める。

3.味付けをする
玉ねぎにしっかり火が通ったら、一旦火を止め 百SAUCEを加える。
弱火〜中火でたれを絡めるように炒める。

4.仕上げ
香りづけのごま油を加え、さっと混ぜる。
器に盛り、上から小ねぎを散らし 完成。


【調理時のポイント】
ねぎの代わりに、ニラを入れても美味しいです。(ニラを使用の場合は、百SAUCEを加えるタイミングで一緒に炒めるよう調理してください。)
豚肉は、豚バラ薄切り肉や豚ロース薄切り肉でもとても美味しいです。

関連オススメレシピ

ブリの照り焼き

<材料>  ※2人分

• ブリの切り身 2切れ
• 長ねぎ 1/2本
• しょうが 1片(10g)
• 酒 小さじ1
• 百SAUCE 50ml

<作り方>

1.下準備
・ブリに骨がある場合は抜いておく。
・長ねぎを4cm幅に切る。
・しょうがをすりおろす。

2.焼く
フライパンを中火で熱し、ブリを並べ 端に長ねぎも入れる。ブリに焼き目がついたらひっくり返し、長ねぎもひっくり返す。
ひっくり返したタイミングで 酒をブリに振りかけ、ふたをし1~2分ほど弱火で蒸らす。

3.煮絡める
しょうがと百SAUCEを加え、弱火のまま3~4分煮絡める。

4.盛り付ける
器にブリと長ねぎを並べ、たれを上からかけ完成。


【調理時のポイント】
魚は火を通しすぎると、どんどん固くなってしまうので注意。お好みで 山椒や七味をかけるとよく合います。

関連オススメレシピ

手羽先の甘辛スパイシー揚げ

<材料>  ※2人分

• 鶏手羽先 8本(約500g)

【A】
・百SAUCE 60ml
・にんにく すりおろし 少々(お好みで)
・黒こしょう 適量

• 片栗粉 適量
• サラダ油 適量

<作り方>

1.たれをつくる
手羽先1本が横に入る大きさの、バットなど平な入れ物を用意。
そこへ、【A】の材料を入れ混ぜ合わせる。

2.手羽先を揚げる

手羽先に片栗粉を全体へ薄くまぶしつける。
鍋に揚げ油を熱し、170℃〜180℃で色づくまで4〜5分揚げ、油を切る。
(170℃〜180℃:乾いた菜箸を鍋底に当てると、細かい泡が勢いよく出てくる程度)

3.たれを絡ませる
手羽先を熱いうちに、1のたれへ入れしっかりと絡める。
器へ盛り、完成。
(高温の状態でプラスチック容器へ入れると変形などの恐れがあるので気をつけてください)


【調理時のポイント】
黒こしょうはたっぷり入れると美味しいです。
にんにくは、百SAUCEにも入っていますので使用しなくても美味しく仕上がります。お好みで調節してください。(にんにく・黒こしょうを使用せず百SAUCEのみで味付けすると、お子さまにも美味しく召し上がっていただけます)

関連オススメレシピ

鶏丼

<材料>  ※2人分

 • 鶏もも肉 200g
 • 玉ねぎ 1/2個
 • 白飯 2杯分
 • 卵黄 2個分 
 • 小ねぎ(小口切り)・いりごま(白) 適量
 • 百SAUCE  大さじ2
 • サラダ油 小さじ1
 • 塩 少々

<作り方>

1.下準備
・玉ねぎは縦半分に切って芯を取り、5mm幅に切る。
・鶏肉は筋や余分な脂を取り除き一口大に切る。

2.鶏肉と玉ねぎを炒める
フライパンに油を熱し、鶏肉を入れ軽く塩を振り下味を付け、弱~中火で炒める。
表面の色が変わったら、玉ねぎを加え炒め合わせる。

3.味付けをする
百SAUCEを入れ 弱火で煮絡める。

4.盛り付ける
器にご飯を盛り、③をのせ 中央に卵黄を落とし、お好みで百SAUCE(分量外)、小ねぎ、ごまをかけ完成。


【調理時のポイント】
鶏肉は火を通し過ぎると、かたくなるので注意。

関連オススメレシピ

卵かけご飯

<材料>  ※1人分

• 卵 1個
• 白ごはん 一膳
• 小ねぎ(小口切り) 適量
• 百SAUCE 10ml(お好みで)

<作り方>

1.下準備
卵を割り、卵黄と卵白に分ける。

2.白ごはんと卵白を混ぜる
白ごはんに卵白を入れ よくかき混ぜる。

3.卵黄をのせる
中央をくぼませ 卵黄を乗せる。

4.仕上げる
上から百SAUCE、ねぎをかけ完成。


【調理時のポイント】
先に卵白とごはんをかき混ぜることで、フワフワな口当たりの卵かけご飯ができます。

関連オススメレシピ

二色丼(鶏そぼろ)

<材料>  ※2人分

■鶏そぼろ
• 鶏むね(又はもも)ひき肉 100g
• 百SAUCE 50g

■卵そぼろ
• 卵 2個
• 砂糖 小さじ1
• 塩 小さじ1/4

■その他
• ご飯 お茶碗2杯分(300g)
• 小ねぎ(小口切り) 適量
• サラダ油 小さじ1 ×2

<作り方>

1.鶏そぼろを作る
フライパンにサラダ油小さじ1を入れ熱し、鶏肉を入れ 完全に火が通るまで中弱火で切るように炒める。
百SAUCEを加え、弱火で5分程そぼろ状になるよう炒め 取り出す。

2.卵そぼろを作る
ボウルに卵を割り入れ、砂糖と塩を加え良く混ぜる。
新しいフライパンにサラダ油小さじ1を弱火で熱し 味付けした卵を流し入れ、素早く菜箸でそぼろ状になるように混ぜながら炒める。そぼろ状になったら火を止める。

3.盛り付け
器にご飯をよそい、12を盛り付け、小ねぎをのせて完成。


【調理時のポイント】
卵は火が強いとそぼろになる前に焦げてきてしまうので、弱火で炒める。
倍量で卵そぼろを作る時は、菜箸を2セット(4本)持ちでかき混ぜるとうまくいきます。


関連オススメレシピ